社員インタビュー

1)どうしてナウビレッジに入社したのですか?

前の会社では、主にシステムの運用保守業務に従事しておりました。
 定期的に機器を目視して正常性を確認し、障害発生時には関係者へ連絡、時には既定の手順に沿ってサーバ作業をすることもありました。
 初めは学ぶ事も多く、サーバや製品に触れ、どのようにシステムが動作しているかを知ることで知識が深まっていくことに充実しておりました。
 数年続けていくうちに、システムの「外」からだけではなく、「内」を見たり、触って、作る仕事に就きたいという思いが徐々に強くなり、転職を決意しました。

転職中は自分がどのような業務に携われるかを重視し、数社受けていた中で一番やりたい仕事につけると確信できたのが、ナウビレッジでした。
 また、それだけではなく、面接を通して、星野CEOや現場の部長とお話しをさせて頂いてるうちに、「この会社は人を非常に尊重しており、会社の売り上げだけではなく、社員を大事にしている」という思いが伝わってきました。それは社内イベントや発言の場が常に用意されているところで具現化されており、本人次第でいくらでも成長できると確信できたのが、入社した最大の理由です。

2)ナウビレッジのいいところ、改善したいところ

前述のとおり、個人を尊重するところがナウビレッジの良い部分です。
 現代では会社と社員の間に様々な壁が存在し、現に前職でも私はそれを体験し不安を憶えたことがありましたが、ナウビレッジでは不透明な部分は一切なく、CEO自らが率先して話し合いの場を設け解決する努力を怠りません。
 時間、お金ではなく、人を大切にして会社を動かしている証だと思います。
 全ての社員に機会を与え、全ての社員に協力する姿勢が目に見え、前職で抱いていた不安を感じるようなことは、今は一切ありません。

改善したい点は、年齢的な部分も関係するので難しいとは思いますが、社員旅行が毎年非常に楽しいので、もっとアクティビティを増やしていきたいです。

3)今、何が苦しくて、何が生き甲斐か

仕事もプライベートもバランスよく調整ができない場面が多く、思い通りに進まずに自分の能力が足らない現実に四苦八苦しています。予測不能な事態も考慮して動くようにしているつもりですが、まだまだ希望的観測が入ってしまい、どちらも共倒れになることが多々あり、自分の不甲斐なさに苦しくなります。

私の場合、生き甲斐と感じる瞬間は様々ですが、自分を取り巻く色々な環境で、どう思われるかを大切にしております。
 例えば、仕事上ではお客様に感謝されることや、認められること。
 プライベートでは友人に信頼されることといったように、人との強いつながりを感じることができたときなどです。
 簡単なことではないですが、努力することで必ず実るときがあると信じており、私にとってそれが生き甲斐だと感じます。

4)SEの苦楽とは?

技術の進歩がはやいので、それについていくことはやはり大変ですが、それだけではうまくいかないところがあり、非常に苦戦します。数年前までは、納期に間に合わせるために、どの状況でも猛進していくことで、それなりに評価をして頂けましたが、技術や経験をある程度積んだことで、現在はそこに時間制限が加わり、日々時間と金額を意識し、与えられた工数内で全てをきっちり完了させるよう、管理および構築する仕事に徐々にシフトしています。
 いくつものシステムを兼務しつつ構築案件を乗り切って行く必要があるので、心身ともに苦しい場面はあります。
 ただ、そこで更なる技術が身につくと、それらを平然とやってのけることが出来るようになります。そんな風に成長できたことを実感できた時が、私にとって心から楽しめる瞬間です。

5)将来の展望

直近10年間の展望は、1現場を任される部長として、技術、営業、コンサルといった多角的な面で活躍し売り上げに大きく貢献したいです。
 そこで新たな経験と知識を積み、自信を身に着けた後、経営を最終フィールドに活躍したいです。


1)どうしてナウビレッジに入社したのですか?

私は岩手産業技術短期大学校という職業訓練校を出身しており、在学時からIT系業種への就職を志しておりました。
 同校ではIT系企業説明会があり、数社が招かれ説明を行う機会があります。
 その企業の1社がナウビレッジだったのですが、際立った存在感と勢いが感じられ、学生としてはそれだけで興味を持つ理由になりました。

実際に詳細を知っていく程、イメージに違わず自らが意思を持って臨めば、それを実現できるだけの会社であると感じたのが入社の際の決め手でした。

2)ナウビレッジのいいところ、改善したいところ

社員数は約50人と決して大きな会社というわけではないですが逆に言えば個々が会社に与える影響が大きいということです。
 自分が会社に貢献している、会社を支えているという自負と、やりがいを持って仕事をできることがモチベーションに繋がりますし、原動力になると考えます。

また、毎月1度、社員が集まって開催される月例交流会や社外での交流等、社員間での繋がりが多く、支えあう家族のような関係があたたかく、ナウビレッジの非常によいところだと思います。

改善したいことは、役員会への自由参加や課題成果物のコンテスト等、自己を表現する機会が多く用意されているので、若手の社員がもう少し上手く活用してアピールして欲しいなと思います。

3)今、何が苦しくて、何が生き甲斐か

前年からID基盤更改プロジェクトのナウビレッジとしてのリーダーを任せて頂いています。
 これまで個人で活動していた時と違い、個人だけでなくプロジェクトに携わるメンバー全員に目を配りながら状況判断を行う必要があり、これまでと違う難しさを感じています。

また、お客様の考え、メンバーの考え、自分の考えと登場人物の数だけ主張が存在し、そのすべてを考慮して最良はどれかを判断しなければなりません。時には私のベストが選択できないこともあり、悩むこともあります。

それでもこのプロジェクトが重要な役割を持っており、苦労しながらもやりがいを持って進めています。
 成功した際には派手に打ち上げしたいですね。

4)SEの苦楽とは?

ちょっとしたアイデアに一喜一憂し、日々試行錯誤することだと思います。
 見渡せば夢は転がっているはず。

5)将来の展望

ちょっと話はズレますが、私は趣味がゲームをすることです。
 ゲームと言ってもテレビゲームだけでなく、テーブルゲームもやります。
 その延長で定期的に会社に集まって勉強や製作を行っています。

現在はUnityを使ったゲーミングプログラムを行っております。
 仕事では触らない分野だからこそ、新しい発見が多く、楽しみながら活動しています。

いつかこの場から、会社の製品という形で世に出すことができれば!
 …と野心を胸に秘めながら活動をしています。